友人の引っ越しを手伝ってきたのだが、マネーの扱うべき事がわずか異なる気がする

過日、友人の引っ越しを手伝ってきたのですが、何かと突っ込みたいところが何かとあって、なんだかんだ小言を言ってきました。女性っぽいと言われそうですが、必ず我慢できませんでした。
個々は仕事を変えたばかりで決してお金がありません。(私も人のことは言えませんが……)なので、引っ越し経費は極力抑えたいというハズなのですが、何ともお金五感がルーズに思えるのです。
ひと度、冷蔵庫や洗濯チャンスが、単身事項としては随分といった厳しい方法だった対応。
身の回り家電を購入するのはいいとしても、その値段が大分上の順番のものなのです。そのもの曰くフォルム意識で広間に合わせたそうなのですが……。
おまけに、炊飯入れ物やエリアといった食品に巡る部分は放ったらかしのようで。まぁ外食主体にするならいいのですが、それはそれでキャッシュも要るか。
ストーブも、石油マニアヒーターではなくダイソンかどっかの電気ストーブで、確かに見た目は可愛らしいのですが、とにかく電気代が要する系統のものだ。
あげくに、気体が大都市気体かプロパンかも確認していなかったみたい。
もちろんプロパンだ。貸し賃が安っぽい会社の裏付けの一つがこれだと思うのですが、その辺不動産屋に確かめてなかったようで。
まず、気体フィーはひどく大きいからシャワーは短目にとか、食費を押さえ付けるためにも自炊した方が良いよとか、多々言ってしまいました。ホント女性っぽい。
直ちに生活に慣れてほしいですね。パーツ用として探しているらしい