ホラン千秋様ってウエンツ様の見分けがつかない

先日TVを見ていて思ったのですけれど、ホラン千秋君は色合いが白くて、やけにお肌の綺麗なヒトですね。
お父様がアイルランド人のハーフのヒトだということで、その追い抜けるような白いと言うのはお父様ゆずりなのですね。
さくっと厳しい鼻筋という、かわいらしい丸っこいまぶたが、近道をより望ましく見せるのだと思います。
現在28年齢だと言うことですが、染みもそばかすもないように見える。
いまどきのTVははなはだ細部まで見えるので、お化粧を異常に分厚く塗って掛かる形なんか断然見えてしまうし、分厚く塗ったメーキャップにシワが割れておる形もばっちり思えます。
も、ホラン君の素肌は白く細やかで極めて自然に言えるので、お化粧で細工していない天性の白人の血液が混ざった美しい人物ですと思います。
あんなホラン千秋君といった、役者のウエンツ瑛士君を見間違えました。
こういうおカップル、髪形も似ていて、目鼻立ちも似ていて、「あ、ウエンツです」といった思ったらホラン君で「ホランさんです」と思ったらウエンツ君だったりする。
ウエンツ君もドイツ的アメリカンの父ちゃんとのハーフだと言います。
おカップルとも前もってヨーロピアンの血液が混ざっているのが迫る状況を出すのでしょうか。
ウエンツ君なんて30年齢も過ぎているのに、TVで寄稿に映っても純白で艶々な皮膚が羨ましいだ。
俺なんぞ皮膚は白い側だと思いますが、防ぎきれないUVで今はそばかすに悩まされていらっしゃる。
ホラン君やウエンツ君ものの透き通る白い皮膚がうらやましくて仕方ありません。http://fundi-world.info/